ヨーロッパ風景画の巨匠 J.M.Wターナー銅版画展

  • 2月28日(水)→3月6日(火)
  • ※最終日午後4時閉場
  • 5階美術画廊
  •  

ヨーロッパ、風景画の歴史の中でターナーなくして語れないほど、風景画作家の重鎮として今もなお圧倒的な存在感を放っているJ.M.Wターナー。
生涯に渡って風景表現の可能性を探究し続け「崇高」な自然を描きだそうとした作品や、光と色彩にあふれる幻想的で詩情に満ちた作風から、ターナーはロマン主義の作家を代表する一人と言われています。
本展ではそんなターナーの1800年代の銅版画を一堂に集め展覧いたします。
ぜひ、この機会にご来場くださいますようご案内申しあげます。